妊娠中期、病院で受けるのはこんな検査

妊娠中期は、妊娠5ヶ月から7ヶ月のことを言います。心身ともに一番安定する時期で、辛かったつわりも治まってきます。胎盤がしっかり完成するのもこの頃で、ここまで来ると流産の心配はぐっと減ります。とはいえ、油断してトラブルが起こりがちな時期でもあるので、体には十分注意しましょう。
妊娠中期に入ると、赤ちゃんがいる子宮は大人の頭くらいの大きさになります。それに伴ってお母さんのおなかも膨らみ、外から見ても妊娠していると分かるような体つきになるのです。5ヶ月になった赤ちゃんは体つきがしっかりしてくるので、より活発に動くようになります。胎動を感じ始める人が増えるのもこの頃ですが、これは個人差があるので焦らなくても大丈夫です。そこを過ぎると聴力がほぼ完成します。7ヶ月に入ると神経伝達系がいっきに発達し、音に反応するようになります。
妊娠中期に入ると、病院でのエコー検査も少し変わってきます。多くの病院では、これまで経腟だったエコー写真が、経腹エコーに切り替わります。5ヶ月に入ってくると赤ちゃんの体が大きくなるので、モニターに全身が入らなくなります。そのためパーツごとに写真を撮るやり方になるのです。6ヶ月になると、赤ちゃんは新生児と同じくらいの大きさになります。また外性器が完成し、性別が分かるようになるのもこの頃です。性別は生まれてくるまで知りたくない、という場合は、事前に病院に伝えておくことを忘れないようにしましょう。7ヶ月になると鼻の穴が出来上がって目鼻立ちが分かるようになります。この段階でお父さんとお母さん、どちらに似ているか分かるかもしれません。この頃になってから性別がはっきりする、というケースもあります。
安定期とも言われている時期ですが、やはり気を付けたいことは多くあります。そのうちの1つが食べすぎです。つわりが治まって食欲が出てくる時期ですが、ドカ食いによる急激な体重増加は良くありません。太りすぎると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなります。体重に関してはどれくらいまで増えていいのか、医師から事前に聞いておきましょう。また、ホルモンの影響で便秘や痔になりやすくなっています。水分と食物繊維をしっかり摂取し、改善に努めてください。
余裕があれば美容院に行って髪を整えておくことをおすすめします。つわりがある時期はパーマ液の匂いで具合が悪くなる可能性がありますし、これ以降はお腹が大きくなるので長時間座っているのが難しくなります。赤ちゃんが生まれてからは忙して時間を作るのがより難しくなるので、このタイミングで1度行っておくのがおすすめです。