妊娠中したら医師のかける言葉で病院を選ぼう

妊娠検査薬で陽性反応が出て産婦人科にかかろうと思っても、どの病院にかかればいいのか悩みどころです。今は口コミサイトもありますから自宅でも簡単に評判が調べられますが、実際には妊娠中のママの状態やご夫婦の性格などによって評判は良かったのに先生と合わなかった、という場合もあります。また、ニュースで口コミサイトの運営者側と掲載される側のトラブルについて取り上げられることもあったので、鵜呑みにするのは不安という方もいるでしょう。妊娠は喜ばしいことですが、妊娠中の体はとてもデリケートでさまざまな不調も起こりがちです。自分たちに合った病院を選ぶことが赤ちゃんを無事に産む第一歩となるのです。それでは具体的にはどのような点に着目すれば良いのでしょうか。

まず考えなければならないのは総合病院にかかるべきか個人病院にかかるかという点です。前者は産婦人科のみではなく小児科など多くの診療を行うので、妊娠中に何かほかのトラブルが起こったときや産後の赤ちゃんの様子がおかしい時などにも安心できます。高齢出産であったり、多胎妊娠などのハイリスクが予想される場合はこちらで出産するという選択肢しかない場合もあります。しかし外来の診療時間が短かったり、待ち時間が長いのでつわりなどで思うように動けない方には通院が辛くなってしまうことも考えられます。医師の指名をすると待ち時間がさらに伸びてしまうこともあり、毎回違う先生の言葉に翻弄される可能性もあります。また、病室や食事などはシンプルなことが多いです。反対に個人病院では人気の所でも待ち時間はそれほど長くなく、設備もホテルのようなきれいさの所も多いです。食事も豪華で退院前のお祝い膳は出産を頑張ったご褒美になります。午後の診察もあり、同じ先生にずっと見てもらえるのもメリットですが、分娩ができない施設もあり、そういったところでは悪阻の場合の対応が遅れてしまうこともあります。また、医師と合わないと先生の言葉ひとつひとつに傷つきながら通院ということにもなりかねません。また金額が高かったり、分娩時のトラブルにどう対応するか確認しておく必要もあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、それを踏まえたうえで夫婦で話し合い先生と合いそうだと思う産婦人科を選ぶのが一番納得いく結果になるでしょう。妊婦健診が始まってしまったからと何か不安を抱えながら通院するなら、転院するのも一つの手です。妊娠は病気ではないとよく言われますが、それゆえにその過程において医師によってかける言葉が全く違ってきます。ですから、この先生なら安心と思える医師のいる病院を選んで、リラックスしてマタニティライフを楽しんでください。