妊娠に気づいたら、病院で子宮外妊娠ではないかの確認を

生理が止まり高温期が続き、体もだるさを感じる、となると妊娠の可能性が高くなります。最近では自宅でも尿検査が出来るキットがドラッグストアでも手軽に購入できるようになりましたので、まずはそれをやってみる人が多いです。初期では女性ホルモン分泌が盛んとなるため、妊娠検査薬ではそれを利用したものとなりますが、これだけでは正常妊娠かどうかの判断は出来ません。
自宅では出来ず、病院でのみできる妊娠検査があります。それは経腟エコー検査です。これは被爆の危険がない超音波(エコー)を使ったもので、プローブと呼ばれる探触子を膣内に入れ、子宮内に赤ちゃんが育つ袋である胎嚢の存在が確認されると、正常妊娠と確定されるのです。胎嚢の確認できる時期は、おおよそ妊娠6週目あたりだと言われています。この頃になっても子宮内に胎嚢の確認が出来ず、高温期が続く場合には、子宮外妊娠である可能性が出てきます。通常は卵子が卵巣で排卵されて、精子と受精、その後その受精卵が卵管を通り子宮内膜へ向かって着床します。子宮へ戻る際に途中の場所で受精卵が着床してしまうことを、子宮外妊娠と呼びます。
子宮外妊娠の中でも一番多いケースは、子宮と卵巣を結ぶ回廊である卵管への着床で、おおよそ98%を占めています。卵巣・子宮頸管・腹膜などへの着床は2%となっています。これらの場所では、受精卵が正常に発育していくことができないため、自然に流産という形になる場合も少なくありませんが、卵管着床のケースでは、放っておくと卵管破裂となる可能性もあります。検査薬で陽性が出たら、なるべく早く病院を受診し、胎嚢の確認をすることが大切です。早期発見・早期治療が、今後の家族計画にとっても非常に重要な影響を及ぼします。
子宮外妊娠となる確率は約1%と言われています。100人に一人ということになりますので、実はとても身近なことなのです。早めに気づくためには、その兆候も見逃さないようにしましょう。子宮外妊娠の場合には、不正出血があります。正常な場合でも不正出血が見られることもありますが、子宮外着床の場合にはその量が多く、さらに徐々に増えていきます。また、卵管着床の場合には、収縮性のない場所であるため、受精卵の成長とともに下腹部痛・腰痛を感じるようになってきます。もともと生理痛・腰痛は痛みの感じ方に個人差がありますので、耐えてしまうことも多いようですが、卵管破裂とならないように、痛みを感じたらすぐに受診しましょう。

こちらも要チェック
プレママに必須の葉酸!摂取しにくい性質とは?サプリメントに頼るべき?