妊娠中になりやすい妊娠糖尿病は病院で適切な治療を

妊娠すると、体にはさまざまな変化が起こり、トラブルなども起こりやすくなります。妊娠中にかかりやすいとされる病気のひとつに妊娠糖尿病があります。妊娠糖尿病にかかると、お腹の赤ちゃんにも影響があるため、病院で適切な治療を受ける必要があります。
それでは、妊娠糖尿病とはどのような病気で、どういった治療を行うのでしょうか。

妊娠糖尿病とは、妊娠したために起こる糖の代謝異常です。妊娠中に診断された明らかな糖尿病の場合は、糖尿病合併妊娠といい、区別されます。
食事をすると糖質は分解されてブドウ糖となり取り込まれ、血中の糖度が上がります。血糖値があがるとインスリンが分泌され、正常値まで下げます。ところが、妊娠中はお腹の赤ちゃんにブドウ糖を供給するため、インスリンの働きを抑制され、効きにくくなります。そのために高血糖のままになるのです。妊娠すると誰でもかかる可能性がありますが、糖尿病の家族がいる、肥満、高齢出産、急に体重が増加したなどの条件にあてはまる妊婦は、特になりやすい傾向にあります。
喉の渇きや頻尿の他には、自覚症状はあまりありません。しかし、放置していると妊娠高血圧症候群や用水過多症、流産、早産、胎児の発育遅延のリスクが高まります。また奇形児や巨大児、低出生体重児などが生まれやすくなるとされています。

自覚症状があまりないために自分では気がつきくい病気ですが、病院で行われる妊婦検診で血糖値を測定することで、妊娠糖尿病にかかっていることがわかるケースが多くあります。妊娠糖尿病の基本的な治療方法は、食事療法と運動療法になります。食事療法や運動療法で改善しない場合は、薬物療法を行うこともあります。
食事療法では、血糖値を上げやすい糖質の摂取を減らすことが大切です。ごはんやパン、麺類といった炭水化物類は極端に減らさず、甘いものを減らすようにします。また一日に必要な摂取カロリーを知り、それを守ることが大切です。空腹時に多量に食事を摂ると血糖値が急上昇しますので、一日に摂取する量を小分けにし、少量ずつこまめに食べるようにするといいとされています。
運動療法では、医師の指導のもと、マタニティビクスやヨガ、ウォーキング、ストレッチなどの軽い運動を行います。
それでも血糖値が正常化されない場合は、インスリン薬を投与します。インスリンは胎盤を通過しないため、投与されても胎児に影響は出ないとされています。