ビデオスロットのベット額の決め方

ビデオスロットによって選べるベット額は異なりますが、初めてプレイするビデオスロットではある程度練習を積んでルールなど把握してから掛け金を増やしていくと良いでしょう。その際のベット額は入金残高によって変えていく必要があります。例えば1回25セントベットしている場合、100回回すと25ドル使うことになります。もちろんこの間にも何度かあたりを引くことがあるので、100回回した時点で元金が減っている場合と増えている場合があります。掛け金が増えれば増えるほど残金で回せる回数は減ってしまうので、手元資金がなくならないように調整しながらプレイすると良いでしょう。

ベット額を増やしていくと、あたりを引いたときのペイアウトの金額も大きくなりますが、その分あたりを引けなかったときの損失も大きくなりやすくなります。ビデオスロットではある程度回していかないとあたりを引くことはできないので、税所から高額な賭けをするのは避けたほうが無難です。

ベット額と同様に重要なのが、コインの枚数です。掛け金を増やさなくてもコインの枚数を増やすことで1回の消費量が増えるため、たくさん賭けをしているのと同じ状態になります。ビデオスロットを開いた状態ではデフォルトになっていることも多いため、まずコインの枚数と掛け金の設定を確認をしてから回すようにしましょう。